ごはん 牛乳 五目ずしの具 鶏肉の甘辛煮 すまし汁  

今日はこどもの日を祝う献立です。

こどもの日は5月5日です。

端午の節句(たんごのせっく)とも言い、

子どもの幸せと成長を願う日です。

 

鶏肉の甘辛煮のレシピを見る

 

    端午の節句とは?  

奈良時代から伝わる伝統行事です。

元々、中国の風習で、厄払いの神事だったそうです。

平安時代までは日本でも厄払いとして、信仰されており、

その頃は邪気を払うと信じられていた菖蒲やヨモギが主役でした。

実際に菖蒲やヨモギには薬効成分があります。

<効能>
 ・菖蒲…血行改善、鎮痛
 ・ヨモギ…殺菌、止血、疲労回復

 

それが鎌倉時代以降、武士が活躍してくるようになり、

男の子のお祝い行事に変わっていったそうです。

江戸時代になり、幕府の重要な式日である

「五節句」のひとつに定められて以降は、

厄除けの神事から、

男子の成長と健康を願うお祝い行事としての意味合いになり、

それが庶民の間に広まっていったそうです。

元々、武士発祥のお祝い行事なので、
端午の節句に鎧兜や武者人形が必要なのも納得ですね。

 

 

  こどもの日に鯉のぼりはなぜ飾るの?  

中国では、
滝を登りきった鯉が、天に昇って龍になる
という言い伝えがあります。

 

日本では、

江戸時代、武士の家では跡取りである男の子が産まれると、

玄関にのぼりを飾る習慣がありました。

玄関に[のぼり]を飾ることには2つの意味合いがあったそうです。

①男の子が産まれたことの感謝の気持ちを神様に伝える
②男の子の健やかな成長を神様にお願いする

この日本の習慣と、先程の中国の言い伝えが組合わさり、

鯉のぼりが誕生したそうです。

 

 

生命力が強い鯉【こども】が、

激流に逆らい川を上り【困難に負けず、前を突き進み】

龍になる【立派に成長する】ことから、

 

こいのぼりには、

子どもが鯉のように立派に育ってほしい!

という、親の気持ちがこめられているのですね。

 

 

 

    
カテゴリー: ごはん・丼肉類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です