はいがごはん 牛乳 生揚げのそぼろ煮 ごまじょうゆあえ ふりかけ  

 生揚げのそぼろ煮 

生揚げは別釜で、別煮をして、味をよく染み込ませてから、

そぼろ煮の中に入れます。

別煮しているときに、火加減が強いと、

生揚げにボコボコとすが入り、

豆腐の表面や内部に穴があいてしまうので注意です。

生揚げのそぼろ煮のレシピを見る

 

 ごまじょうゆあえ 

キャベツと小松菜を茹で、よく冷まし、

それに塩を加え、野菜の水分を出します。

最後に醤油と胡麻であえて完成です。

今日のキャベツは春キャベツです。

旬のキャベツは葉が柔らかく甘く、美味しいです。

その食材の良さを損なわないように、調理しました。

キャベツの詳細記事へ

 

 ふりかけ 

ふりかけには、

ちりめんじゃこ、青のり、塩が入ります。

ちりめんじゃこは、サッと熱湯に通し、その後よく炒ります。

ここでの炒り加減が、
ふりかけ調理の大事なポイントになります。

炒っていくと、ちりめんじゃこの水分がなくなり、

どんどん固くなっていきます。

やりすぎると、最後は口の中で突き刺さるような

ふりかけに仕上がります。

ソフトなふりかけに仕上げたいのなら、

ちりめんじゃこからパチパチと音がしてきたら、

様子を見て、火を止めましょう。

冷めると、ちりめんじゃこがさらに固くなるので、

そこまで計算して作らないといけません。

ふりかけのレシピを見る

    
カテゴリー: 魚介類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です