牛蒡(ごぼう)を消費しているのは、
全世界で、ほぼ日本人のみです。

そんな日本人に身近な牛蒡(ごぼう)について

紹介していきたいと思います。

  牛蒡(ごぼう)の旬  

ごぼうの旬は、冬(11~2月頃)になります。

また、4~5月に出回るごぼうを

新ごぼう(夏ごぼう)と言います。

新ごぼうは柔らかく風味も良いのが特徴です。

サラダなどにして食べると

新ごぼうならではの味や食感、風味を楽しめます。

主な産地

生産量トップが青森県で、国産の4割を占めます。

茨城県や北海道でも多く生産しています。

 

 

  良い牛蒡(ごぼう)の見分け方  

太すぎず、なるべく均一に、

まっすぐ伸びているものが良い。

ひげ根は少ないものを選びましょう。

グニャグニャしてたり、

簡単に曲がってしまうものは

古くなってきているので気を付けましょう。

 

 

  牛蒡(ごぼう)の栄養  

豊富な食物繊維がたっぷり摂取できます。

便秘の解消や大腸がん予防にも効果があります。

ポリフェノールもたくさんあります。

これは美容、冷え性改善など、

女性に嬉しい効果が期待できます。

 

 

  牛蒡(ごぼう)の保存方法  

土がついてるほうが日持ちします。

洗わず、新聞紙などにくるみ、

冷蔵庫や冷暗所で保存しましょう。

    
カテゴリー: 野菜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です