最終更新日:2019. 5. 9
 

  チンジャオロース丼 牛乳 酸辣湯スープ 杏仁ゼリー  

今日の給食は中華です。
青椒肉絲 (チンジャオロース)
関わる情報やレシピなどを
わかりやすく解説していきます。

 



 

  青椒肉絲 (チンジャオロース)  

 


  チンジャオロースって?  


 

青椒(チンジャオ)とは、
ピーマン、ししとう等の緑色の果実を指し、
絲(スー)とは細切りのことを指します。
つまり青椒肉絲とは、
ピーマン等の細切り
肉の細切りを炒めた料理のことです。

 

本場、中国では、タケノコは
使用されていないそうです。
肉は主に豚肉が使用されますが、
アメリカや日本では牛肉バージョンも人気です。

 

チンジャオロースの起源は豚肉を調理した
福建料理ともいわれますが、
現在では四川の代表的な料理です。
一般的な青椒肉絲の味付けは、
辛味より旨味を重視する広東風が人気です。

 

 

給食での青椒肉絲のPOINT

 

①強い火加減で短時間で仕上げます。

 

②大量調理しないで、数回に分けてやると良いです。

 

③ピーマンは色が悪くなりやすいので、
先に茹でて、後入れします。

 

 



青椒肉絲のレシピを見る

 

 

 

 

  酸辣湯(スーラータン)風スープ  

酸辣湯 (スーラータン)とは、
中華料理(四川料理・湖南料理)の
卵スープのひとつです。
味付けは、酢の酸味と
唐辛子や胡椒の辛味がアクセントになっています。

 

酸辣湯風スープのレシピを見る

 

 

  杏仁ゼリー  

杏仁ゼリーです。
溶かした寒天に、
温めておいた牛乳、砂糖、
アーモンドエッセンスをいれて、
冷やして作ります。

 



 

 

    
カテゴリー: 世界料理肉類野菜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です