最終更新日:2019. 7.16

 

 

  ごはん 牛乳 鯖の味噌煮 胡麻醤油和え けんちん汁  

今日の給食は和食です。

鯖(さば)に関する情報やレシピ、

給食業界35年以上のベテラン調理員さんに
教わった鯖の味噌煮の作り方を
詳しく解説していきます。

 

本記事の内容

・各献立に関する解説とポイント

・鯖について

・さばの味噌煮のレシピ

 



 

  鯖の味噌煮  

日本のサバ料理の代表。
『さばみそ』
旨味味噌コク
白飯にも、お酒のお供にも
万能おかず

 

 

あっくん
下記にレシピも掲載してあります。
ぜひ、ご家庭でも給食の味を再現してみてください。

 

 

 


鯖って、どんな魚?

サバはアジやマグロに並び、
世界的に消費量の多い魚です。

日本の太平洋周辺で水揚げされるサバは、
秋が旬で、秋サバと言われています。
また、九州沿岸で水揚げされるサバは、
冬が旬で、寒サバと呼ばれています。
ノルウェー産のサバも秋が旬なので、
サバの旬は基本は秋と覚えときましょう。

 

 

 


秋サバを嫁に食べさせてはいけない理由

『秋サバは嫁に食わすな』という、
言葉が昔からありますが、
昔は脂がのった美味しい秋サバを
嫁に食わすのは勿体ないという意味で
使われていたそうですが、
現在では、秋サバは脂がのって美味しいけど、
脂肪を多くとりすぎてしまうので、
カラダによくないという、
心配を込められた意味で解釈されるそうです。

 

 


 

あっくん
あなた、年齢を【さば】よんでるんじゃないの?

 

 

よく使われるこちらの言葉も、
実は鯖(さば)が由来しています。

サバは大量に捕れますが、
鮮度が落ちるのも早いです。
なので、魚屋さんは、数もろくに数えずに、
大急ぎで売りさばいていたそうです。
そこから、【さばよむ】という言葉が
生まれたそうです。

 

 

 


鯖(さば)の栄養価

サバは脂肪酸が豊富に含まれています。
その中でも注目したいのが、
不飽和脂肪酸の一種である
DHA(ドコサヘキサエン酸)です。

 

 

DHAの効果

悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれます。
記憶力の低下防止・認知症を予防。血液中の中性脂肪を減らしてくれる。
ストレスでイライラしてる人にも、精神面のケアという役割があります。

 

 

 

その他のよく読まれている
サバについての、
人気記事はこちらをご覧下さい。

 

 

 

それでは、
鯖の味噌煮のポイントについて、
解説していきます。

 



 

給食 鯖の味噌煮POINT

・生姜は大きめスライス
だいたいのレシピが生姜の切り方は、
千切りになっています。
ですが、大きめのスライスがオススメ。
生姜嫌いな子だと、クタクタになった
千切り生姜がサバにまとわりついて、
お残しの原因に繋がります。
大きめスライスにして、
一緒に煮ていき、食缶の隅にでも、
生姜スライスを配缶しとけば、
生姜好きな子がクラスで
勝手に食べてくれます。
よく煮た生姜は、辛さもなく、
甘じょっぱくて、ごはんが進みます。


・サバの下に食材を敷く
その日の材料にネギや昆布を使用していれば、
さらにうまく煮れます。
ネギなら廃棄してしまう頭の部分を、
昆布なら、出し汁を取って、
不要になった昆布を使用します。
サバを並べる前に下にこれらの食材を
敷いてあげると、
釜の底が焦げないのでオススメです。
ネギや昆布にも味が染み込んで、
とても美味しいので、
それらも一緒に配缶をします。
こどもたちも喜んで食べてくれます。


・煮込む時間は60~90分程を目安
鯖は煮崩れしやすいので、
火加減に注意しましょう。
クッキングシートで落し蓋をします。


・火止めする
20分ほど火止めします。
冷めることにより、
味がしっかり染み込みます。


・配缶しながら、汁をかける
バットに数を数えて、
配缶したら、煮汁を上から少しかけます。
この煮汁を片栗粉でトロミをつけて、
かける現場もあります。

 




【さばの味噌煮 1人分の分量 g 】

さば・・・・・・60
生姜・・・・・・1.5

しょうゆ・・・・・1
砂糖・・・・・・3.5
味噌・・・・・・・3
赤味噌・・・・・・2
みりん・・・・・・2
酒・・・・・・・・1
だし汁 (昆布) ・・20

ネギや昆布・・・適量(なくてもOK)

 

※実際に作った給食とは分量をアレンジしてます。

 

 

さばの味噌煮の詳細のレシピを見る

 

 

 

 


  胡麻醤油和え  

キャベツと小松菜の胡麻醤油和えです。

 

 

 

 

 

 


  けんちん汁  

けんちん汁については、以前にこちらの記事の方で、
調理のポイントについて記載してありますので、
御覧ください。

 

 




 

 

    
カテゴリー: 魚介類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です