最終更新日:2019. 7.11

 

 

  胚芽パン 牛乳 チリコンカーン キャベツサラダ すいか  

 

あっくん
スイカの時期ですね。

 

 

今日の給食は西瓜(すいか)です。

西瓜(すいか)について、
わかりやすく解説していきます。

 



 

  チリコンカーン  

今日は主食がパンです。
なので、今日のチリコンカーンは、
パンにつけて食べるイメージで作りました。
以前にもチリコンカーンの記事がありますので、
こちらを御覧ください。

 





 

 

  キャベツサラダ  

キャベツと甘酢のサラダです。

 

 

 

 

 

 

  西瓜(すいか)  

今日は1/32カットの西瓜(すいか)です。

西瓜は前日に八百屋さんから納品され、
洗浄して、冷蔵庫に入れて冷やしときました。

朝、パートさんが出勤してからの、
カットになります。

 

 

西瓜の歴史について

スイカは紀元前5000年には、
すでに南アフリカで栽培されており、
3000年前のエジプトでも栽培が行われていました。

10世紀には中国に伝わり、
日本には16世紀後半頃に渡来したといわれています。

 

 

西瓜の主な産地

1位が熊本、2位が千葉、3位が山形です。
今日の西瓜は千葉産の西瓜になります。

 

 

 


西瓜を切るときのヒビ割れ、どうにかならないの?

西瓜を切ろうとして、
包丁を西瓜に入れた瞬間、
バキバキっと色々なところにヒビが入り、
思ったようにうまく切れず、
失敗してしまったってことありませんか?

なるべく西瓜が割れないように、
予防する方法を解説していきます。




 

 

そもそも、西瓜はなぜ、
ヒビや割れを起こしてしまうのか?

 

 


西瓜が割れる原因は皮にあった

スイカは成長過程で、
環境の変化 (寒さなど) により、
皮が固くなってしまいます。

そうなると、中の果実は成長するが、
固くなった皮は、うまく伸びずに、
結果、割れてしまいます。

また、皮の厚さや薄さにより、
ヒビが入りやすかったりします。

 

 

あっくん
西瓜のヒビ割れポイントは皮にあると言えそうですね。

 

 

 


スイカのヒビ割れ予防

①ヒビ割れしにくい品種を選ぶ

『すいか』には、
小玉、大玉、黄色、その他、
たくさんの品種が存在します。

品種によっては、
皮の厚さが薄いもの、
厚いものがあります。

上記で解説したように、
すいかのヒビ割れは、皮によって、
起きやすいです。

皮の薄い品種ではなく、
皮が厚い品種を選ぶようにします。

【小玉】
ひとりじめシリーズなど

【大玉】
黒娘、ブラックボンバーなど

 


②隠し包丁を入れる

スイカは果肉内部から外側に向かい、
風船のように張っている状態です。

そこに、いきなり包丁を入れると、
スイカの表面が割れてしまいます。

そうならないように、
スイカの全面に隠し包丁を入れます。

包丁の刃の下の部分で、
スイカにまんべんなく、
小さな切り目を入れるだけです。

※これをしても割れるものもあります。

 

 

あっくん
これだけで、ひび割れを
起こすのを抑えることができ、
キレイに切ることができるので、
お勧めです。

 

 




 

    
カテゴリー: デザート野菜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です