最終更新日:2019. 7. 4

 

 

  五目寿司 牛乳 すましそうめん 枝豆  

今日の給食は七夕献立です。
今日は七夕に関する情報や、
すましそうめんのレシピなどを
わかりやすく解説していきます。

 

 

本記事の内容

・各献立に関する解説とポイント

・七夕について

・すましそうめんのレシピ情報

 



 


七夕とは?

『たなばた祭り』の略。
天(あま)の川に隔てられた彦星 (ひこぼし) と
織姫 (おりひめ) とが7月7日の夜、
年に一度だけ会うという年中行事です。

 

 

 


織姫と彦星の伝説

七夕には欠かせない織姫と彦星の話ですが、
これは中国の話に由来します。
旧暦の7月7日に天の川を挟んで美しく輝く星が、
琴座のベガと鷲座のアルタイルです。

 

琴座のベガを、
裁縫の仕事をする女性=織姫、

 

鷲座のアルタイルは
農業の仕事をする男性=彦星

 

として、中国では、七夕の日を1年に1度の
めぐり合いの日と考えるようになりました。

 

 

 


七夕に願い事をなぜするのか?

七夕に願い事をするという風習は、
中国の【乞巧奠(きこうでん)】が元になっています。

昔、中国では7月7日に、
織姫星にあやかり、
女性の大切な仕事である、
はた織りや裁縫が上達するようにと
祈りを捧げる行事がありました。

七夕が初まった頃の
祈りの内容は『はた織りや裁縫だけ』でしたが、
時が経つと共に『芸事や書道の上達』など、
様々な内容に広がっていきました。

この乞巧奠(きこうでん)という行事が、
平安時代に日本に伝わり、
七夕にお願い事をするという風習へと変化したのです。

 

 

 

  五目寿司  

 


七夕にちらし寿司が食べられるのはなぜ?

これに関しては、直接的な由来や理由はありません。
お祝いの日やハレの日の食べ物は、
ちらし寿司という認識の定着にあります。
七夕も五節句の1つであり、お祝いの行事です。

 

 

 

  すましそうめん  

七夕に食べる行事食と言って思い浮かぶのが、
そうめんです。

七夕にそうめんを食べると、
大病にかからないとされています。

 

 

 


なぜ、そうめんなのか?

これには色々な説があります。

①古代中国で帝の子どもが、
7月7日に亡くなりました。
その子は亡くなったあと、
霊鬼神となり、熱病を流行らせました。
そこで、その子が好きだった小麦のお菓子を
お供えしたところ、熱病がおさまったそうです。
その小麦のお菓子が、
そうめんに変化していった説。

 

②七夕に見る天の川に似ているからという説。

 

③織姫のはたおりに似ているので、
はた織りの上達祈願のためという説。

 

 

すましそうめんのPOINT

そうめんの茹で過ぎに注意。

量にもよりますが、1度に全て茹でずに、
何回かに分けて茹でましょう。

茹で時間は、サッと茹でます。(30秒程)
すぐに引き上げられるよう、ザルの中で茹でます。
茹であげた後は、すぐに水冷しましょう。

最終的には、スープに入れて、
完全に火を通すイメージ。

粉を落として、
スープに入れたときに、濁って、
ぬめりが出てこない仕上がりを目指しましょう。

※たくさん入れすぎると、ダマになります。

過去にこれで痛い目に合いました。

 


合わせだしをしっかり取れば、
美味しい すましそうめん が出来ます。

 

だしの取り方については、
こちらをご覧下さい。

 




【すましそうめん 1人分の分量 g 】

そうめん・・・・10
うずら卵・・・・20
鶏肉・・・・・・20
小松菜・・・・・・8
にんじん・・・・・7
生姜・・・・・・0.3

しょうゆ・・・・・1
塩・・・・・・・・1
だし汁・・・・130

 

※実際に作った給食とは分量をアレンジしてます。 

 

 

すましそうめんの詳細レシピを見る

 

 

 

 

  枝豆  

 


七夕には枝豆とビール?

七夕の里、福岡県の小郡(おごおり)では、
地元で作られた七夕枝豆の収穫祭として、
七夕えだまめを使用した料理コーナーや、
生ビール+七夕枝豆セット販売など、
盛大に祭が行われています。

 

 

【枝豆 1人分の分量 g 】

枝豆・・・・・・40
塩・・・・・・・・1

 

 

あっくん
枝豆の中に虫が入ってることがあるので、よく検品と洗浄をしましょう。

 

 

給食の枝豆の美味しい茹で方
①サッと水洗いし、茹でる前に塩揉み。
②たっぷりのお湯を沸かす。
③お好みで3~5分程度、茹でる。
④ザルにあけて、あら熱を取る。
⑤お好みの分量の塩をふる。


※水冷すると旨味が抜けるので、あまりオススメしません。
小分けして、手早く冷ましましょう。
余熱も考えて、茹で時間を決めて下さい。

 




 

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です