はじめに・・・

どうも、現在、夏休み満喫中の

学校給食調理員のあっくんです。

 

今週は少し遠出して、滝を見に行ったり、

海に行ったりと家族サービスして参りました。

 

本当に休みが多い仕事は幸せだと、改めて
この仕事の魅力を実感しているところです。

 

しかし、良いことばかりでもありません。

その分、安月給で退職金はない。

 

これがこの職業の実態であり、
この仕事を続けていくうえで不安な部分でもあります。

 

これから、学校給食で働こうと考えてるが、
ちゃんと家族を養えるのか悩んでるお父さん。

 

または現在、働いてる方で、
この仕事で、家族ができたときに、
ちゃんと養っていけるのかと、心配な男性諸君。

 

 



 

 

今回のテーマは、
そんな方々に読んでいただきたい内容。

 

 

あっくん

一家の大黒柱である、
お父さんが学校給食調理員だと、
幸せな家庭は築けるのか?

 

 

今回はそんな疑問を、
10年以上前の僕の下積み時代の話から、

現在の暮らしについて、話していくので、

少しでも参考になり、
悩んでる方々の解決になればと思います。

 

 

 

 

 


下積み時代の僕の生活

先ほど、ご説明した通り、
学校給食調理員という仕事は安月給です。

当然、二足のわらじを履かないと生活は苦しいです。
ですから、この仕事をしていて、

バイトや副業をしている方々は
たくさんいます。

 

逆に学校給食調理員の仕事をしていて、
バイトや副業をしてない人は
実家暮らし、同棲で相方とシェアしてる、
または共働きしているなどの方々が大半です。

 

実際に僕も一人暮らしを始めたのは、
サブチーフになってからです。

しかし、サブになっても、
一人暮らししていくのは厳しかったので、
バイトを始めました。

 

 


サブチーフの詳しい給料など、
こちらの記事に詳しく書いてありますので、ご覧ください。


 

 

 


シフト制で時間帯に融通がきくバイトといえば?

夜は居酒屋、ファミレスで、
週3~4でバイトをしてました。

もちらん、土、日はどちらか1日、
必ず潰れてました。

 

 

あっくん

なぜ、給食調理員は休みが
メリットな仕事のはずなのに、
こんなにバイトしないといけないんだろう

 

 

と、矛盾を感じながら、
バイトに明け暮れていました。

それでも、転職とか、
今さら、他の仕事という
選択肢がありませんでした。

その当時、僕はバイトで毎月5万円ぐらい、
稼いでました。

思えば、その時から、
節約家になっていたのかと思います。

一人暮らしすると、
お金の大切さが本当によくわかります。

 

その当時の実際の僕の収支を
具体的にお話していきます。

 

 

 


下積み時代の僕のリアル収支

収入が給食とバイト合わせて
手取りで、22万円程。

 

以下、支出。

家賃                 6万円
食費                 2万円
趣味                 1万円
雑費                 1万円
光熱費             1万円
携帯                 1万円
ネット          0.5万円
交際費             2万円
積立保険     1.5万円

トータル      16万円

 

なので、5~6万円は平均して貯金してましたね。
そんな、下積み時代に、
苦労して、わずかながら貯めたお金のおかげで、
現在の家庭を築けてるのもあります。

 

 

 


学校給食調理員、家を買う

先ほどの下積み時代の苦労のおかげで、

●駅徒歩3分の駅近立地で注文住宅で戸建てを購入、

●車を購入、

人並みの生活ができ、現在、幸せに暮らせてます。

 

まぁ、家は田舎ですし、
車も軽自動車の中古ですけどね・・・

 

それでも、日払いのバイトを
現在もたまにするのが僕の生活状況です。

一応、無駄にチーフを10年もしてるので、
ある程度の給料はいただいてますので、
贅沢な暮らしをしなければ、
妻と子ども1人を養っていくのは可能です。

 

 


妻が2人目を妊娠

しかしながら、現在、妻の身体に、
2人目の子どもができました。

これからは、自分の給料で、
3人を養っていくとなるとこりゃ厳しい・・・

ここから、また下積み時代のハードな
生活に戻るかもしれないですね。

 

実際にこの会社で、結婚して、
子どもが産まれると、生活が厳しいと、
多くの人が転職しています。

しかし、贅沢な生活さえしなければ、
なんとかやりくりできるはずと
僕は確信してます。

そんな確信とは、裏腹に
心のどこかでは、育児が落ち着いたあと、
嫁の仕事復帰に大きく期待してる、
甘い自分もいるのです。

しかし、この厳しい現代社会、
夫婦、協力して共働きで頑張らないと、
生活はしていけません!

そして、まだまだ問題もたくさんあります。

 

 

 


老後の生活もイメージする

この安月給で、退職金がないということは、
老後のお金も自分で、
しっかり積み立てていかないと
いけないということです。

僕らの老後、年金はあてになりません。
そのために、自分で自分の老後資金を
なんとかしないといけません。

株や仮想通貨などに、
色々と手は出してみたものの、
あまり良い成果はあげられませんでした。

どうやら、僕は投資が向いてないようです。

やはり、コツコツ真面目に
稼ぐのが1番、自分に合っているのかなと
最近は、つくづく思います。

そして夫婦の老後貯金を去年から始めてみました。
今のところは順調に貯金できてます。

そして、住宅ローン控除が終わったら、
1日も早くローンを完済させ、
自由を得ようと思います。

 

 


まとめ

 

POINT

学校給食調理員でも、
ある程度の地位を築き、年数を重ねれば、
人並みの幸せは必ず掴めるはずです。

中途で入った、お父さんは、
しばらくはバイトの掛け持ち必須です。
奥さんが仕事していれば、
問題ありませんが・・・

 

僕からのアドバイスは、
若いうちからお金は貯めとくこと!

働き者でお金の価値観が同じ嫁を見つけることです!
そして、贅沢をしない。これに尽きます。

ただし、たまには自分や
家族にもご褒美をあげましょうね。

あまりキツキツした生活は、
自分達の精神にもよくありません。

僕の場合の今、現在の発散方法がこちら。

 

趣味がある人は趣味を。
僕の最近の趣味はこのブログです。

 

月1で家族と焼肉にいって贅沢する。
まぁ、これからはチビふたりが
少し成長するまでは、外食に行くのも
難しくなってきますが。

 

旅行は半年に1回行くようにする。
旅行もチビふたりが少し落ち着いたら、
たくさん家族で思い出を作ろうと思います。

 

そもそも、幸せの価値観など、
人それぞれです。
あなたが幸せだと思えれば、
それで満足ではないでしょうか?

僕もまだ新たな人生を歩き始めたばかりなので、
どこで計算が狂うかわかりませんし、
今後の事はどうなるかも検討がつきません。

ただ、学校給食調理員、
1本で頑張りたい気持ちは強いので、
今後もこのブログを通して、
皆さんにお伝えできればと思います。

 

 

 



 

 

 

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です