カレーピラフ  牛乳  わかめサラダ  クリームスープ  

本日の給食は洋食です。

 

 

あっくん
今回はピラフに関する情報や、
レシピについて、解説していきます。

 

 



 

 

  カレーピラフ  


ピラフとは?

 

あっくん
炒めた米を具と出し汁で炊いた料理です。

 

 


ピラフの作り方は海外と日本で全く違う

 

 

海外式ピラフ

①インディカ米を研ぐ。

②具を軽く炒めて、取りだす。

③熱したフライパンにバターを適量溶かし、
米が透き通るまで炒める。

④米と調味した同量のスープを合わせ、
具を載せて、通常と同じように炊き上げる。

 

 

日本式ピラフ

①フライパンにバターを引いて具を炒める。

②国産米の冷飯を炒め合わせて、
塩、こしょうや香辛料で調味する。

 

 

あっくん
日本式ピラフは、
チャーハンと似た作り方ですね。

 

 


チャーハンとピラフの違いは?

チャーハンは炊いてある米を油で炒めたもの。

 

ピラフは上記にも書いたとおり、
バターでお米を炒めた後、炊いたもの。

 

ただし日本で、この2つを調理するとき、
人によって作り方が様々であり、

チャーハンを炊飯器で調理する人もいれば、

ピラフを炊き上がったごはんを炒めて、
調理する人もいます。

 

この2つの違いは、
『作り方』で選別するのではなく、

最終的には『味つけ』で選別されます。

 

チャーハンは、
醤油やごま油で中華風に味付けされた飯。

 

ピラフはバターで洋風に味付けされた飯。

 

 

あっくん
今日の給食では、
ごはんを炊くときに、
ウスターソース、カレー粉、バターを入れて、
いつものように炊きます。

 

 

炊き上がったごはんに、
カレーピラフの具をよく混ぜて配缶をします。

 

 

カレーピラフのレシピを見る

 

 

 

  わかめサラダ  

わかめ、キャベツを
甘酢で和えたものです。

ちりめんじゃこを胡麻油で、
炒めたものが別配でつきます。

 

 

 

  クリームスープ  

豚肉、玉ねぎ、人参、小松菜の
クリームスープです。

ポイントは豚肉の油をよく取ることです。

クリームスープなので、
黄色の浮いてる油が結構、目立ちます。
気になるようなら、取るのが無難です。

 

 



 

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です