秋味ごはん  牛乳  さつまいもの甘煮  すまし汁  

今日の給食は和食です。

 

 

あっくん
涼しくなってきましたね。
調理場は今の時期が、
1番働きやすい環境です。

 

 

暑くもなく、寒くもなく、
花粉もなく、湿度もなく。

僕は秋が1番、好きな季節。

今回はそんな『秋』を感じさせてくれる
献立になっています。
秋味ごはんの作るときのポイントや、
レシピを解説していきます。

 



 

  秋味ごはん  

秋味ごはんです。

 

 

あっくん
秋の旬のものを詰め込んだ、
炊き込みご飯です。

 

 

具材は、
鮭、凍り豆腐、にんじん、栗、
ごぼう、しめじが使われています。

 

 

POINT

★栗は炊飯器の中で、一緒に炊き込む。
炊き上がったごはんと具と混ぜるときは、
なるべく栗を潰さないように、
意識して混ぜると良いでしょう。
全く潰さないのも、それはそれで、
みんなに行き渡らないので、程々に。


★秋味ごはんの具は、
しっとりめに仕上げましょう。
副菜のさつまいもの甘煮も、食感が
ボソボソしているので、
秋味ごはんの具は、
しっとりめに仕上げましょう。


★鮭が入ると、釜の底が、
あたりやすいので、よく混ぜ、
火加減に気を付けましょう。

 

 

 

秋味ごはんのレシピを見る

 

 

 

  さつまいもの甘煮  

さつまいもを水、砂糖、
しょうゆ、みりんで煮たものです。

少し崩れてるぐらいの方が、
こどもたちは食べてくれますが、

皮付きで、形をキレイに
残して仕上げました。

 

 

 

  すまし汁  

豆腐、うずら、ねぎ、
小松菜のすまし汁です。

 

 

POINT
★美味しい出し汁をとることです。

 

 


過去記事に『美味しい出し汁の取り方』について、
記載してありますので、
宜しければ、こちらをご覧下さい。


 

 



 

 

    
カテゴリー: ごはん・丼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です