ホキと南瓜の天丼  牛乳  浅漬け  味噌汁  

 

あっくん
本日の給食は和食です。

 

 

本記事の内容

・各献立に関する解説とポイント

・(ホキ、南瓜)天丼の情報やコツ、レシピを解説

 



 

  ホキと南瓜の天丼  

ホキとカボチャの天丼です。

 

 


ホキとは?


※画像  Wikipediaより

 

産業用としての需要が大きく、
世界規模で利用される食用魚です。

深海魚で見た目がグロテスクなため、
切り身にして白身魚のフライの原料にされます。

 

 

女の子
例えば、何に使われてるの?

 

 

あっくん
メジャーなところで言うと、
マクドナルドのフィレオフィッシュバーガー。
ホキ、タラ、スケトウダラの3種が使われてます。

 

 

 


天丼とは?

丼鉢に盛った白飯の上に、
天ぷらを載せた日本の丼物です。

 

 

あっくん
天ぷら丼『てんぷらどんぶり』の略で、
天丼 (てんどん) です。

 

 


いつから天丼は存在するの?

どこで、誰が天丼が作り始めたのかは、
色々な説がありますが、確かに言えることは、
江戸時代末期頃から天丼は存在します。

 

 

ホキと南瓜の天丼のPOINT
★魚と野菜に打ち粉をする
天ぷらの衣が剥がれにくくするために、
しっかり打ち粉をしましょう。


★天丼のタレの煮詰め具合
濃度がでてくるまで、水分を飛ばして、
煮詰めましょう。
釜の回りが焦げるので、
火加減を気を付けるのと、
タレを大きく混ぜないようにしましょう。
甘くて美味しい天丼のタレができますよ。




【ホキと南瓜の天丼の1人分の分量 g 】

ごはん・・・・・・180

ホキ・・・・・・・・60
カボチャ・・・・・・20

小麦粉・・・・・・・20
卵・・・・・・・・・・7
水・・・・・・・・・30

だし汁・・・・・・・15
みりん・・・・・・・・4
砂糖・・・・・・・・・3
しょうゆ・・・・・・・6

 

※実際に作った給食とは分量をアレンジしてます。

 

 

ホキと南瓜の天丼の詳細版レシピを見る

 

 

  浅漬け  

大根と人参、大根の葉の浅漬けです。

それぞれの野菜をサッと茹でた後に、
塩でよく揉みこみ、水分を出します。

その後は、浅漬けエキス
(醤油、酢、砂糖) に漬け込みます。

 

 


過去記事に、即席漬けと浅漬けの
違いについて、解説してますので、
宜しければこちらをご覧下さい。


 

 

 

  味噌汁  

たまねぎ、わかめの味噌汁です。

 

 

POINT
たまねぎは、食感を残さないように、
しっかり煮ましょう。
わかめを入れるタイミングはラストです。

 




 

    
カテゴリー: ごはん・丼魚介類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です