ごはん  牛乳  いわしの煮魚  ぶどう豆  けんちん汁  

 

あっくん
本日の給食は和食です。
畑の肉といわれている
栄養たっぷりの大豆で煮豆を作ります。

 

 

本記事の内容

・各献立に関する解説とポイント

・ぶどう豆について

・ぶどう豆のレシピ情報

 



 

  いわしの煮魚   

いわしの煮魚です。

 

 

あっくん
いわしは食べていて、骨が気になる魚なので、
よく煮て、骨まで食べてもらえる煮魚にします。

 

 

いわしの煮魚のポイントについて、
詳しく解説してある記事がありますので、
宜しければ、こちらをご覧下さい。

 

 

【煮魚関連の記事】

 

 

 

  ぶどう豆  

ぶどう豆です。

時間が空いたときに作り置きしとけば、
箸休めやお弁当のおかずに使えるので、
便利です。

今回は学校給食のぶどう豆について、
詳しく解説していきます。

 

 


大豆は畑のお肉と言われてる理由

大豆と言えば、
『畑の肉』と良く言われていますが、
なぜ、畑の肉と言われているかご存知ですか?

 

大豆が畑の肉として注目を浴びる理由は、
「良質なタンパク質」が豊富だからです。

 

 

あっくん
タンパク質は人間の体を作り、
生きていくためには必要な栄養素になります。

 

 

タンパク質は人間の体を作り、
生きていくためには必要な栄養素になります。

大豆に含まれるたんぱく質は、
人間の体内では作り出すことができない、
必須アミノ酸が含まれています。

この必須アミノ酸の中にある、
リジンという成分が大豆にはたくさん
含まれています。

リジンは肉に近いたんぱく質なので、

大豆は、【畑の肉】と呼ばれています。

 

 

ぶどう豆のPOINT
★大豆を柔らかくもどす
可能なら、前日から水に
浸水させとくのが、ベストです。
学校給食では、当日納品だったり、
前日からの作業は基本NGとされているので、
当日の朝1にたっぷりの水に浸水させ、
中火で沸騰させて、茹でます。
トータル目安時間:約2時間


★砂糖の入れ方
砂糖は数回に分けて、入れていきます。
浸透圧の関係で、1度に全て入れると、
豆の水分が出てきてしまい、
豆が固くなります。
味を十分に染み込ませたければ、
少しづつ味を足して、
煮込んでいきましょう。


★切り昆布を別に煮る
切り昆布は煮すぎると、崩れて、
見た目が悪くなります。
大きい鍋があったら、別煮して、
最後の方に合わせてあげるのが無難です。




【ぶどう豆 1人分の分量 g 】

大豆・・・・・・・20
切り昆布・・・・・0.2

しょうゆ・・・・・1.3
砂糖・・・・・・・・5
酒・・・・・・・・0.2
水・・・・・・・・・6

※実際に作った給食とは分量をアレンジしてます。

 

 

ぶどう豆の詳細レシピを見る

 

 

【煮豆関連の記事】


 

 

 

  けんちん汁  

けんちん汁です。

 

 

あっくん
肉を使わない精進料理のひとつで、
お坊さん達の食事の一種です。

 

 

けんちん汁に入る具材は、
だいこん、にんじん、ごぼう、
ねぎ、こんにゃく、豆腐、油揚げなどを
使用しています。

豚汁に使われる食材にとても似ていますね。

 

 


けんちん汁は豚汁のもとになったとも、
言われています。
詳しくはこちらの記事をご覧下さい。


 

 


けんちん汁のポイントについて、
詳しく解説してある記事がありますので、
宜しければ、こちらをご覧下さい。


 




 

    
カテゴリー: 大豆加工品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です