ぶどうパン  牛乳  鶏の唐揚げ  ボイルドブロッコリー  野菜スープ  

 

あっくん
本日の給食は鶏の唐揚げです。

 

 

給食で食べた懐かしの唐揚げが
忘れられない方々、必見です!

ご家庭で給食の唐揚げを再現しましょう。

 

 

本記事の内容

・各献立に関する解説とポイント・鶏の唐揚げについて

・鶏の唐揚げのレシピ情報

 



 

  鶏の唐揚げ   

 


唐揚げとは?

食材に小麦粉や片栗粉を薄くまぶす程度で、
衣をつけずに高温の油で揚げる料理名。

 

 

 


揚げ物と唐揚げの歴史

【室町時代】
中国の精進料理の
揚げるという技術が日本に伝わる。

 

【安土桃山時代】
小麦粉をまぶし、揚げる南蛮料理が
ポルトガルから伝来。

 

【江戸時代】
天ぷらが庶民の間で大流行。

 

【明治時代】
主に粉をつけない素揚げが、
空揚と呼ばれてました。

 

【戦後】
庶民向けの料理書には、
唐揚げについて記載されていて、
今までになかった下味が取り入れられた。

下味は中華料理から、
取り入れられた技術です。

 

 

あっくん
中国から伝来された揚げる技法に、
日本の調理法が加味されて、
現在の唐揚げの形が完成されました。

 

 


粉は小麦粉?それとも片栗粉?

薄力粉
粉が鶏肉の表面をコーティングして、
肉汁がしっかりと閉じ込められます。
薄力粉だけで唐揚げを作ると、
柔らかくジューシーに仕上がります。

 

 

片栗粉
片栗粉のみで揚げると、
唐揚げの衣がカリっと固めに仕上がります。

 

 

薄力粉+片栗粉
片栗粉と小麦粉のよい所をあわせた、
カリっとジューシーな唐揚げに仕上がります。

 

 

あっくん
給食調理員、おすすめの配合
薄力粉 1.5:片栗粉 1

 

 

番外編
ベーキングパウダーや、米粉を加えると
サクサク感がアップするので、
サクサク感を味わいたい方におすすめです。

 

 

 

鶏の唐揚げのPOINT
★下味をしっかりする
下味がしっかりしてないと、
鶏の唐揚げは美味しくありません。


★鶏肉に火が入ってるか確認
引き上げて、少し置くとさらに余熱が入ります。
唐揚げを切ってみて、
中の肉が赤くないか確認しましょう。


★二度揚げ
2度揚げすると、中はジューシー、
外はカリッと仕上がります。
しかし、学校給食では、
現場の食数にもよりますが、
2度揚げしている時間はありません。

徐々に温度を上げるようにしていくと良いです。

160℃の低めの温度から鶏肉を入れます。
低温でじっくり火を通して、
徐々に温度を上げてカリっと仕上げます。

※はじめから高温で揚げると、
肉に火が入る前に、衣に色がついてしまいます。
特に下味で醤油が多いと、色がつきやすいので、
唐揚げは低温から揚げていくのが基本です。




【鶏の唐揚げ 1人分の分量 g 】

鶏肉・・・・・・・・・70

にんにく・・・・・・・0.2
しょうゆ・・・・・・・1.2
酒・・・・・・・・・・・1
塩・・・・・・・・・・0.5
こしょう・・・・・・0.02
からし・・・・・・・・0.1
オールスパイス・・・0.02
小麦粉・・・・・・・・・6
でんぷん・・・・・・・・4

 

 

※実際に作った給食とは分量をアレンジしてます。

 

 

鶏の唐揚げの詳細レシピを見る

 

 

  ボイルドブロッコリー   

ボイルドブロッコリーです。

たっぷり沸いたお湯に塩を入れて、
茹でます。

 

 

あっくん
ブロッコリーは茹で加減が大切です。
柔らかすぎてもダメだし、固くてもダメです。
余熱も考えて、少し固めで引き上げましょう。

 

 

 

  野菜スープ   

豚肉、玉ねぎ、にんじん、キャベツ、
じゃがいもがたっぷり入った野菜スープです。

 

 

あっくん
野菜はキャベツ以外、細めに切ります。

 

 




 

    
カテゴリー: 肉類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です