ごはん 牛乳 チリコンカーン キャベツサラダ ぶどうゼリー   

 

あっくん
本日の給食は洋食です。
月に1度は給食で出てくるチリコンカーン。
美味しいチリコンカーンの作り方や、
おすすめ食材、レシピを解説していきます。

 

 

本記事の内容

・各献立に関する解説とポイント

・チリコンカーンについて

・チリコンカーンのレシピ情報

 



 

チリコンカーン

 


チリコンカーンはどこの国の料理なの?

チリコンカーンは、
メキシコ料理と思われがちですが、
実はアメリカ料理になります。

 

 

あっくん
メキシコ風のアメリカ料理なので、
テクス・メクス料理に含まれます。

 

 

チリコンカンの意味は、
スペイン語で『肉入り唐辛子』という
意味になります。

チリコンカンに入ってる豆は、
大豆、ひよこ豆、レンズ豆、いんげん豆、
うずら豆などがあり、
特にこの豆だという決まりはありません。

 

アメリカの家庭料理を代表する
チリコンカーン。

ご飯でカレーのように食べても、
パンにつけながら食べても、
どちらでも合う 万能シチュー系

 

レシピも掲載しているので、
ぜひ、あなたのご家庭でも、
作ってみてはいかがでしょうか?

 

 


チリコンカーンの具材は?

今日の給食でのチリコンカーンの具材は、
豚肉、にんにく、大豆、
玉ねぎ、にんじん、グリンピースと
比較的シンプルな具材になっています。

 

パンに組み合わせるチリコンカーンには、

マカロニを入れるのが絶対におすすめ。

 

マカロニが入ったチリコンカーンは
こどもたちからも大人気です。

 

 


チリコンカーンの栄養

主役となる豆とトマト。

豆には筋肉のもとになる、
たんぱく質が豊富に含まれています。

トマトには疲労回復を助ける、
ビタミンC、E、クエン酸、ミネラルが
含まれています。

クエン酸は肉の旨味を引き出してくれるので、
肉料理と相性抜群です。

他にもトマトの色素成分であるリコピンが、
豊富に含まれています。

これには抗酸化作用があり、
がんや動脈硬化などの予防に効果的です。

 

 

トマトに関する記事がありますので、
詳しくはこちらをご覧下さい。

 

 

他にも、チリコンカーンで、
食物繊維や脂質など、体に必要な栄養素を
バランス良くとることができます。

1800年頃からアメリカで存在してる、
チリコンカーン。

 

 

あっくん
この料理は、アメリカを開拓するうえで、
かかせないエネルギー源である料理だったと
言えそうですね。

 

 

 

チリコンカーンのPOINT
★大豆を細かくする
大豆はしっかりもどして、柔らかくします。
豆の半分を粗みじんにするとおすすめです。
こどもはゴロゴロ入った豆を嫌います。
手間はかかりますが、
ごはんも食べやすくなるので、
ぜひ、やってもらいたいポイントです。


★トマト系の別煮
こどもは酸味も嫌がるので、
よく別煮して、酸味を飛ばしましょう。




【チリコンカーン 1人分の分量 g 】

豚肉・・・・・・・30
大豆・・・・・・・15
玉ねぎ・・・・・・45
にんじん・・・・・15
グリンピース・・・・7
にんにく・・・・・0.5

油・・・・・・・・・1
小麦粉・・・・・・1.5

ケチャップ・・・・・6
中濃ソース・・・・・2
トマト缶・・・・・30

しょうゆ・・・・・・1
赤ワイン・・・・・・1
塩・・・・・・・・・1
こしょう・・・・0.03
チリパウダー・・・0.2
スープ・・・・・・10

 

※実際に作った給食とは分量をアレンジしてます。

 

 

チリコンカンの詳細レシピを見る

 

 

【チリコンカーン関連の記事】




 

 

 

 

  キャベツサラダ  

茹でたキャベツを
甘酢、黒こしょうで味付けしたものです。

 

 

あっくん
黒こしょうがピリッときいて、
味の決め手になります。

 

 

 

 

ぶどうゼリー

ぶどうゼリーです。

 

 

POINT
★規定の水で寒天をよく煮溶かします。

 




 

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です