胚芽ごはん 牛乳 ぶり大根 味噌汁 納豆  

 

あっくん
本日の給食は和食です。
鰤の美味しい季節ですね。
今回は給食でも人気なメニュー、
ぶり大根の美味しい作り方を解説していきます。

 

 

本記事の内容

・各献立に関する解説とポイント

・鰤 (ぶり) について

・『ぶり大根』のレシピ情報

 



 

  ぶり大根  

味がしっかり染みた、
『ぶり』『だいこん』

冬の定番料理と言っても、
過言ではありません。

ごはんのおとも、お酒のおつまみに、
おすすめな逸品です。

 

 

あっくん
下記にレシピも掲載してあります。
ぜひ、ご家庭でも給食の味を再現してみてください。

 

 


鰤 (ぶり) って、どんな魚?

スズキ目アジ科に分類される海水魚の一種。

主な生息域は、
日本海南部と北海道南部-九州の太平洋岸です。

 

 

あっくん
出世魚で縁起が良いこともあり、
西日本では御節料理に欠かせない食材です。

 

 

 平均的な大きさ 
全長 約1m・体重 約8kg

 

ぶりは出世魚です。

成長と共に名前が変わります。

 

関東では、
イナダ→ワラサ→ブリ

 

関西では、
ワカナ→ツバス→ハマチ→メジロ→ブリ

 

 

  名前の由来は諸説あり  

ブリは脂がのって美味しいので、
「アブラ」「ブラ」に略され、
さらに言われてるうちに「ブリ」
なったという説。

魚の身が赤くて、「ブリブリ」
しているからといった説もあります。

 

 


鰤 (ぶり) の旬はいつ?

旬は産卵期前の脂が乗る冬です。
この時期のブリを「寒ブリ」と呼びます。

春なり、産卵期になると脂が落ちます。

脂が落ちて、まずくなるとことはなく、
逆にサッパリしてて、春の鰤 (ぶり)の方が、
好きだという方もいます。

 

 


ぶりだいこんはどこの郷土料理?

ぶり大根はどこの郷土料理だか、
わかりますか?

意外に知らない方が多いですが、
富山県の郷土料理になります。

2007年、農山漁村の郷土料理百選で、
富山県の郷土料理として選定されました。

 

 


鰤 (ぶり) を使用した おすすめ料理5選





刺身やカルパッチョ

 


鰤のたたき

 


鰤しゃぶ

 


鰤の塩焼き、照り焼き

 


鰤の竜田揚げ

 

 

ぶり大根のPOINT
★鰤は下茹で
ぶりは軽く下茹でして、臭みを取り除きます。
湯通しするイメージです。
※茹ですぎると、鰤の旨味が抜けてしまうので、
茹ですぎ注意。


★だいこんをしっかり茹でる
だいこんは柔らかくなるまで、
よく茹でます。
茹でることにより、えぐみが取れて、
味も染み込みやすくなります。

また、 米のとぎ汁がある場合は、
磨ぎ汁で大根を茹でるのがおすすめ。
米のでんぷん質と大根に含まれる、
でんぷん分解酵素が合わさり、
分解されたでんぷんが糖分に変化し、
大根が甘く茹であがります。


★火止めする
火止めして、冷ます過程で、
具材に味が染み込んでいきます。
余裕をもって、調理開始しましょう。




【ぶり大根 1人分の分量 g 】

ぶり・・・・・・・50
だいこん・・・・・80
ねぎ・・・・・・・20
生姜・・・・・・・・1

しょうゆ・・・・・6.5
砂糖・・・・・・・1.5
みりん・・・・・・1.5
酒・・・・・・・・1.5
だし汁・・・・・・10

 

※実際に作った給食とは分量をアレンジしてます。

 

 

ぶり大根の詳細レシピを見る

 

 

 

  味噌汁  

油揚げ、玉ねぎ、小松菜、えのきの味噌汁です。

 

 

あっくん
具沢山な味噌汁ですね。

 

 

 

  納豆  

納豆は大豆を納豆菌により、
発酵させたものです。

栄養価がとても高く、
様々な栄養素が含まれていて、
身体の調子を整えてくれます。

今日の給食では、
納豆のタレを手作りのタレで提供しました。

 

以下、納豆のタレのレシピになります。

 

【納豆のタレ 1人分の分量 g 】

しょうゆ・・・・・・2
砂糖・・・・・・・0.2
みりん・・・・・・0.9
だし汁・・・・・・・2

 

※参考までにご覧下さい。

 

 

あっくん
午後の洗浄時は、
食器を洗ってるお湯がヌルヌルで、
においも強烈でした。

 

 

家でもそうですが、
納豆は食べるのは好きですが、
後始末が面倒ですね。

 




    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です