菜の花寿司  牛乳  すまし汁  桃ゼリー  

 

あっくん
本日は『ひな祭り』給食です。

 

 

本記事の内容

・各献立に関する解説とポイント

・雛祭り (ひなまつり) について

・『菜の花寿司』『桃ゼリー』のレシピ情報

 

 



 

 

  菜の花寿司  

菜の花のほろ苦さで、
雰囲気が漂う
『菜の花寿司』

彩りも鮮やかで、
ひな祭りにピッタリの
ちらし寿司です。

 

 

あっくん
下記にレシピも掲載してあります。
ぜひ、ご家庭でも給食の味を再現してみてください。

 

 

 


『ひな祭り』とは?

女子の健やかな成長を祈る節句の年中行事。

ひな人形に桜や橘、桃の花などの飾り、
雛あられや菱餅などを供え、
白酒やちらし寿司などの
飲食を楽しむ節句祭りです。

 

 

 


『ひな祭り』はいつから行われているの?

平安時代の京都で、
貴族の子女の『遊びごと』として、
行われていたいう記録があります。

 

初めは儀式ではなく遊びであり、
雛祭りが『ひなあそび』とも呼ばれるのは、
そのためです。

 

現在の私達の知っている、
桃の節句に雛壇を飾るようになったり、
白酒が楽しまれるようになったのは
江戸時代になってからのこと。

 

江戸時代になり、
女子の「人形遊び」
節物の「節句の儀式」と結びつき、
全国に広まり飾られるようになりました。

 

 

 


『ひな祭り』には食べると縁起の良いものとは?

 

【ちらし寿司】

ひな祭りのご馳走の定番と言えば、
ちらし寿司。
実はちらし寿司自体に、
ひな祭りに食べる理由はありません。

大事なのは、ちらし寿司の『具』です。

 

●エビ
長寿を表す

●蓮根 (れんこん)
将来の見通しがきく

●豆
まめに働けるようになる

●菜の花
春の雰囲気を感じられる

 

 

あっくん
このように縁起の良い食材が、
ちらし寿司の中には、盛り込まれてます。

 

 


【ハマグリのお吸い物】

ハマグリのような二枚貝の貝殻は、
対のものでなければぴったりと
合わせることができません。

ハマグリは仲の良い夫婦を表す象徴となりました。

女の子の誕生を祝うひな祭りに、
ハマグリを食べるのは、
一生、一人の人と仲良く添い遂げるように
願いを込められているからです。

 



 

【ひなあられ】

『ひな祭り』に、
ひなあられが食べられるようになったのは、
江戸時代に流行したという
『雛の国見せ』という行事が
関係しているそうです。

 

雛の国見せ
部屋に飾られている、
ひな人形を野外に連れ出して、
春の景色を見せてあげるという風習です。
その際に菱餅を屋外でも食べられるようにと、
砕いて持っていったのが、
『ひなあられ』の始まりと言われています。

 

 


【白酒 (甘酒)】

白酒と甘酒には違いがあります。

白酒はアルコールが含まれているので、
こどもが飲んではいけません。

白酒はみりんや焼酎などに、
蒸したもち米や米こうじを仕込み、
1ヶ月程度熟成させたもろみを、
軽くすりつぶして造った酒のことを言います。

甘酒は、ご飯などに米こうじを混ぜて保温し、
お米のデンプンを糖化させたもので、
アルコール分をほとんど含まない飲み物です。

 

白酒を飲むようになった理由には諸説あり
①大蛇を宿してしまった女性が、
3月3日に白酒を飲んだら胎内の大蛇を
退治することができたという説


②女性の厄払いのために白酒を飲むようになったという説


③江戸で女性に人気だった白酒が、
桃の節句の日にあるお店で売り出されると、
それが大人気になったという説。

 

 

菜の花寿司のPOINT
★酢飯
ごはんが炊けたら、
すし酢を全体に回しかけ、
しゃもじでご飯を切るように混ぜ、
酢飯を作ります。


★さけそぼろ
さけに骨がないか、よく検品します。
ごはんに馴染みやすいように、
しっとりめに仕上げます。
菜花は衛生的に茹で、水冷して色止め。
最後に混ぜるだけにします。
(菜花の色を綺麗に仕上げましょう)


★たまごそぼろ
給食では、1釜で1回10kg程度が
炒りたまごの量の目安です。
まずは釜に油を入れて、よく熱し、
一気に入れて、混ぜていきます。
 

卵が固まり始めたところからが、
頑張りどころです。

中心温度を確認したら、
釜からタライにあけて、
手早く冷まします。
卵の変色防止にもなり、
固まりができにくくなります。




【菜の花寿司 1人分の分量 g 】

【酢めし】
ごはん・・・・170
酢・・・・・・・・9
砂糖・・・・・・4.5
塩・・・・・・・0.8

 

【さけそぼろ】
さけ・・・・・・40
凍りどうふ・・・・2
菜の花・・・・・10
にんじん・・・・・8
ごま・・・・・・・1
砂糖・・・・・・0.5
酒・・・・・・・・1
塩・・・・・・0.5~1
水・・・・・・・・5

 

【たまごそぼろ】
鶏卵・・・・・・20
炒め油・・・・・・1
砂糖・・・・・・・2
塩・・・・・・0.05

 

※実際に作った給食とは分量をアレンジしてます。

 

 

菜の花寿司の詳細レシピを見る

 

 

 

  すまし汁  

すまし汁です。

本来はハマグリなどが入ると良いのですが、
取り扱いなどの衛生面から、
二枚貝は大量調理での使用に不向きなのと、
時期も時期ですので、使用は控えています。

お祝いという想いを込めて、
代わりに紅白はんぺんを使用しています。

 

すまし汁と言えば、
美味しい出し汁を取ることが
何よりも大事です。

給食の出し汁に関する記事はこちらをご覧下さい。

 

 

 

  桃ゼリー  

桃 (ピーチ) ゼリーです。

『ひなまつり』は桃の節句とも
言われているように、
桃の花を雛壇に飾るということで有名です。

昔は『ひなまつり』を桃の花が咲く頃に、
行っていました。
その習慣が現在も残っています。

 

それでは、なぜ桃なのか?

 

桃には魔よけや厄除けをしてくれる
力があるといわれています。

ですから、
女の子が健やかに成長するようにとの
願いが強く込められて、
桃の花が『ひなまつり』に
飾られるようになったと言われています。

 

 

桃ゼリーのPOINT

★規定の水で寒天をよく煮溶かす

★ゼリーがしっかり固まるか確認してから、
カップに注いでいく





【桃ゼリー 1人分の分量 g 】

桃ジュース・・・・50
砂糖・・・・・・・・5
寒天・・・・・・・0.5
水・・・・・・・・20

 

※実際に作った給食とは分量をアレンジしてます。

 

 

給食ゼリーの詳細レシピを見る

 

 




 

    
カテゴリー: ごはん・丼行事食

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です