和風うま煮丼  牛乳  味噌汁  きゅうりとじゃこの梅肉和え  りんごゼリー   

 

あっくん
本日の給食は和食です。

 

 

本記事の内容

・各献立に関する解説とポイント

・和風うま煮丼のレシピ情報

・きゅうりとじゃこの梅肉和えのレシピ情報

 



 

  和風うま煮丼  

たっぷりの具から、
出てくる旨味成分を活かして、
甘めで濃い味に仕立てたうま煮。
白飯との相性抜群

 

 

あっくん
下記にレシピも掲載してあります。
ぜひ、ご家庭でも給食の味を再現してみてください。

 

 


うま煮とは?

肉や野菜を甘辛く煮たものを指します。

 

白飯に合う味付けで、

肉じゃがに近い味と言えば、
イメージしやすいでしょうか?

一概に『うま煮』と言っても、

和風の味付けの煮物を指したり、

近年では中華料理のうま煮を指すことも
多くなってきています。

 

 

あっくん
本日の給食は、中華ではなく、
和風のうま煮を
丼 (どんぶり) にしています。

 

 

うま煮丼となると、
和風よりも中華風の味付けのレシピが多いので、
今回は『和風』うま煮丼と名付けてあります。

 

 


中華丼とうま煮丼の違いは?

皆さんのイメージだと、
うま煮丼って、どんなイメージですか?

 

中華丼をイメージする方が多いですが、
それでは、中華丼とうま煮丼の違いは
何なのか説明できますか?

 

まず、中華丼とは、
八宝菜をご飯の上にかけた、
日本発祥の料理のことを指します。

 

 


八宝菜とは?

中華料理のひとつです。

八宝菜の八宝は8種のという意味ではなく、
たくさん具材が入った炒め物という意味です。

 

八宝菜で使われる食材は、様々です。

豚肉、エビ、イカなどの魚介類、
椎茸、キクラゲ、タケノコ、にんじん、長ネギ、
ピーマン、白菜、キャベツ、もやし、玉ねぎ、
チンゲンサイ、うずらの卵など。

 

八宝菜は別名、五目うま煮と呼ばれます。

中華料理店では、
中華丼の具をうま煮という場合や、
八宝菜をうま煮という場合もあります。

 

 

あっくん
中華丼もうま煮丼も同じ意味の料理です。

 

 


格安・中華丼について、
詳しく解説した記事がありますので、
宜しければこちらをご覧下さい。


 

 

和風うま煮丼のPOINT
★豆腐は茹でる
茹でることにより、水分も抜けて、崩れにくくなります。


★じゃがいもを崩さない
入れるタイミングに気を付けましょう。


★アレルギー対応
イカやうずら卵が入るので、アレルギーがある学校は除去食対応に気を付けましょう。


★片栗粉の量やタイミング
片栗粉の量は様子を見ながら、最後の方でトロミをつけましょう。ごはんによく絡む濃度にします。


★さやいんげんの取り扱い
彩りのさやいんげん。
予め、衛生的に茹でておき、最後に入れます。加熱しすぎで、色を悪くしないように気を付けましょう。




【和風うま煮丼 1人分の分量 g 】

ごはん・・・・180

鶏肉・・・・・・20
うずら卵・・・・20
いか・・・・・・20
酒・・・・・・・・2

豆腐・・・・・・40
じゃがいも・・・15
にんじん・・・・15
ごぼう・・・・・20
しめじ・・・・・15
さやいんげん・・・5
こんにゃく・・・20

しょうゆ・・・・・5
砂糖・・・・・・・2
みりん・・・・・1.5
塩・・・・・・・0.7
だし汁・・・・・25
片栗粉・・・・・0.8

 

※実際に作った給食とは分量をアレンジしてます。

 

 

和風うま煮丼の詳細レシピを見る

 

 

 

  味噌汁  

わかめと玉ねぎのシンプルな味噌汁です。

 

 

あっくん
シンプルな味噌汁の方がこどもたちにとっても食べやすいですね。

 

 

 

  きゅうりとじゃこの梅肉和え  

きゅうりとじゃこの梅肉和えです。

 

 

あっくん
梅肉和えは食欲増進効果が期待できます。暑くなってきた時期におすすめです。

 

 

以下、作り方になります。

 

①しょうゆ、みりんで梅肉ペーストを伸ばして、
加熱して、タレを冷ましときます。


②じゃこはサッと湯に通して、ごま油でカリカリに炒ります。


③胡麻を炒っときます。


④きゅうりはサッと茹でて、水冷。


⑤きゅうりに塩を揉みこみ、きゅうりの水分を抜いて、しんなりさせる。

ここで水分をしっかり抜かないと、和えたあとに味がぼやけてしまいます。


⑥釜やタライの中で和えていく。

 

 

あっくん
ポイントは作り方の⑤です。きゅうりの95%は水分で出来ています。しっかり水分を出しましょう。

 

 

【きゅうりとじゃこの梅肉和え 1人分の分量 g 】

きゅうり・・・・・50
塩・・・・・・・・0.3

じゃこ・・・・・・・3
ごま油・・・・・・0.3

ごま・・・・・・・・2

梅干しペースト・・1.2
しょうゆ・・・・・0.5
みりん・・・・・・0.5

 

※実際に作った給食とは分量をアレンジしてます。

 

 

きゅうりとじゃこの梅肉和えの詳細レシピを見る

 

 

 

  りんごゼリー  

りんごゼリーです。

 

 

あっくん
寒天をよく煮とかすのがポイントです。

 

 




 

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です