ごはん 牛乳 タッカルビ 茎わかめスープ  

 

あっくん
本日の給食の主菜は韓国料理のタッカルビです。

 

 

本記事の内容

・各献立に関する解説とポイント

・タッカルビについて

・タッカルビのレシピ情報

 



 

  タッカルビ  

鶏肉旨味野菜甘味
さらに韓国特有の辛さが、
混じり合ったダッカルビ
韓国の若者達からも、
庶民カルビとして大人気

 

 

あっくん
下記にレシピも掲載してあります。
ぜひ、ご家庭でも給食の味を再現してみてください。

 

 

 


タッカルビとは?

タッカルビは韓国の焼肉料理の一種で、
鶏肉と野菜を使ったものです。

 

カルビと聞くと、

『牛肉なのかな?』と、

勝手に連想してしまかいがちですが、

 

タッカルビは鶏肉なのです。

 

タッカルビの意味は、

 

①『タッ』は韓国語で『鶏』

②『カルビ』は『あばら骨』

 

 

あっくん
骨のまわりの肉を食べる鶏料理という意味ですね。

 

 

 


タッカルビの歴史

タッカルビは、1960年頃に、
韓国にあるチュンチョンという場所で、
(冬のソナタの撮影場所ですね)

 

豚肉を中心の飲食店を
営んでいたキムさんにより、
作られました。

 

当時、豚肉が入手困難になった
時期があり、

鶏肉で代用してみようと、

 

キムさんが、豚肉のカルビのように、
調理して作られたのが、
タッカルビの始まりと言われています。

 

1970年代に入ると、
チュンチョンの繁華街である
ミョンドンの裏路地を中心に、
タッカルビは有名になっていきます。

休暇で出てきた軍人や大学生が、
低価格で満腹になる料理として、
脚光を浴びるようになりました。

 

どれぐらいの低価格かというと、

100ウォンで、
食べられていたそうです。

 

100ウォンと言われても、
パッとしないですよね。

現在の100ウォンは、
日本円にすると、約10円です。

当時の100ウォンは、
当時の日本円にすると、
20~30円程度だったので、

現在の私たちの感覚でいうと、
約50円でタッカルビが食べれて、
満腹になるというイメージだと、
わかりやすいかと思います。

 

 

あっくん
このことから、タッカルビは、大学生カルビ、庶民カルビと呼ばれていたそうです。

 

 

 


タッカルビの美味しい食べ方は?

今日の給食でもそうでしたが、
仕上がりは汁が多めです。

韓国では、

この余った汁に白飯を混ぜて、
焼き飯にして食べるのが人気です。

 

 

あっくん
日本の鍋のシメみたいなイメージですね。

 

 



 


タッカルビが流行語大賞に?

タッカルビと言えば、

『チーズタッカルビ』という言葉を
1度は耳にしたことがあるかと思います。

 

このワードは、

2017年の JC・JK 流行語大賞の
『モノ部門』で見事に1位を獲得。

 

インスタ映えするとして、
若者を中心に、
チーズタッカルビが大ヒットしました。

給食でも、タッカルビを朝一で作り、
グラタンのようにアルミ容器に入れ、
チーズを上にかけて、オーブンで焼けば、
給食風チーズタッカルビができます。

 

 

 


タッカルビに合う食材

タッカルビは、様々な野菜が合うので、
野菜不足の方にもおすすめです。

 

 

あっくん
家にある残り物の野菜などを使って、
タッカルビを作ってみませんか?

 

 

今日の給食で、
タッカルビで使用した食材は、
鶏肉、玉ねぎ、じゃがいも、キャベツ、
にんにく、しょうがです。

 

本場のタッカルビは、
さつまいもを使用しますが、

本日はじゃがいもで代用して、
タッカルビを作りました。

 

それ以外に合う、
オススメ食材を解説していきます。

 

 


・チーズ

やはり、チーズは最高に合います。マイルド感UP。

 

 


・麺類

タンミョンという、韓国の太い春雨を入れると美味しいです。

 

 


・トック

韓国と言えば、トック。タッカルビのタレがトックと合います。

 

 


・冷蔵庫の残り野菜

にんじん、もやし、カボチャ、ニラ、きのこ類など、何でも合います。

 

 

 

タッカルビのPOINT
★キャベツは下茹で
キャベツから大量の水分が出るので、
炒め始める前にサッと下茹でしときます。


★手早く作る
1釜で350食分であれば、
40分もあれば終わります。
クタクタにしすぎたり、
じゃがいもを崩さないように気を付けましょう。


★隠し味に赤味噌
これは他の学校のチーフから
聞いた情報です。




【タッカルビ 1人分の分量 g 】

鶏肉・・・・・・・40
じゃがいも・・・・45
玉ねぎ・・・・・・35
キャベツ・・・・・35
しょうが・・・・・0.5
にんにく・・・・・0.4

炒め油・・・・・・・1
しょうゆ・・・・・4.5
砂糖・・・・・・・1.5
みりん・・・・・・2.5
塩・・・・・・・・0.3
ごま油・・・・・・0.3
コチュジャン・・・・2
でんぷん・・・・・0.3

 

※実際に作った給食とは分量をアレンジしてます。

 

 

タッカルビの詳細レシピを見る

 

 


その他の韓国料理関連の記事は、
こちらをご覧下さい。



 

 

 

  茎わかめスープ  

牛肉、もやし、にんじん、ねぎ、
茎わかめのスープです。

 

韓国でワカメスープと言えば、
特別な日にはかかせないスープです。

 

誕生日には必ずワカメスープを
召し上がる習慣があります。

 

 

あっくん
ワカメと牛肉を炒めて、
だしを取るのが、韓国流の若布スープの作り方です。

 

 




 

    
カテゴリー: 世界料理肉類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です