関東学校給食サービス協会のオンライン講習会を受講してみた♪

毎年、夏に関東学校給食サービス協会による夏期講習研修会が行われていますが、今年は新型コロナウイルスにより、中止になるのかと思いきや、初の試みとなるオンラインによる講習研修会がありました。

実際にオンライン受講してみたので、オンラインで視聴する方法や感想を交えて解説していきます。

 

 

 

夏期講習研修会の目的は?

児童生徒に安全・安心・おいしい給食を提供するため、学校給食関係者及び調理従事者の資質の向上を図るのが目的。

 

あっくん
毎年、多くの方々が受講しています。昨年度は18,425人も参加者がいました。委託が増え、年々、受講者が増加しています。

 

2020年夏期講習研修会(オンデマンド)配信について

 

【動画配信期間】
2020年8月11日10:00 ~ 9月11日20:00

 

オンデマンドとは?
ユーザの要求があった際に、その要求に応じてサービスを提供すること。

 

 

視聴方法

まずはGoogleやYahooなどの検索エンジンから「関東学校給食サービス協会」と検索して、公式サイトへ。

 

協会トップページより、

第20回 2020年夏期講習研修会(オンデマンド)《受講はこちらから》をクリックして、ログインページへ移動します。

 

ログインIDとパスワードの入力。


↑会社から教えられているIDとパスワードを入力します。

 

あっくん
テーマごとに約30分×3講義になります。

 

 


①食中毒発生状況と調理従事者の健康管理

◆食中毒発生状況と決められたルールを守ることの大切さを知る。

再生時間: 36分37秒

講師:
淑徳大学 看護栄養学部
東京家政学院大学 客員教授
田中 延子

 


②学校給食の衛生管理について 主な食中毒菌の特徴

◆大量調理における食中毒菌の特徴や新型コロナウイルスについて知る。

再生時間:35分38秒

講師:
一般財団法人 東京顕微鏡院
食と環境の科学センター 名誉所長
日本食品微生物学会 名誉会員
伊藤 武

 


③学校給食における衛生管理とHACCPシステム

◆画像をみて危険を考えさせる講義。想像力をふくらませて柔軟に調理する。

再生時間:32分28秒

講師:
一般社団法人 関東学校給食サービス協会 顧問
谷口 力夫

 

 

受講後の感想

今年初になるオンデマンド配信による夏期講習研修会。Withコロナがもたらした近未来的な講習研修会でした。

この調子だと、また来年度もオンラインによる夏期講習研修会になりそうですね…

今までは会場に行かなければいけないということもあり、1日予定を空けなければいけませんでしたが、期限付きのオンデマンド配信による講習会だと、自分の都合が良い時間にいつでも受講できるので、これはこれで良いなと感じました。

あと、いつも解散後の会場周囲が大混雑するので、そういうのもなくて良いかもしれません。大きな会場では1,000人規模なので、毎回、駅までの道が群衆により塞がれています。

 

あっくん
これは何の集団なんだろうと歩行者が不思議そうに見ているので、近隣の方には迷惑かけていると思われます。

 

オンデマンド方式の講習研修会は良いこと尽くしな気がしますが、そうとも限りません。

まず動画をしっかり見ない輩が出てくるのではないか?という問題。

その他にもスマホやパソコンを使いこなせない人は見れないだろうし、スマホの契約でデータ通信量が少なくてWi-Fi環境がない方も動画が見れない等と色々と懸念される部分もありそうです。

会社側はレポート等をしっかり書かせて、ちゃんと受講しているかチェックしないといけませんね。

しっかり視聴して、夏休み明けの給食作りに備えましょう!

 


↑学校給食の食中毒についてランキング型式で解説していきます。